胆振ポータルサイト RAN

胆振を中心にした情報サイト『胆振ポータルサイト RAN』

読点「、」と中点「・」の使い分け

読点「、」と中点「・」の使い分け

来てくださって、ありがとうございます。
西胆振をもっと知るフリーペーパー、FREE MAGAZINE RAN編集部のススッキーです。
(RANって何?という方はこちら
(ススッキーって誰やねんという方はこちら



現在、とある作業をしているのですが、ちょっと疲れてきたのでリフレッシュがてらこちらを更新。。。
編集部の裏側っぽい話でも。



FREE MAGAZINE RAN Vol.34が校了となり、冊子ができあがるまでの間、ススッキーは雑務に追われます。
現在はとある原稿の校閲をしているのですが、漢字の閉じ開き(漢字にするか、ひらがなにするか)については大体理解してはいるものの、タイトルにもある読点「、」と中点「・」の使い分けが少々ややこしく、一旦ストップです(;^ω^)



調べたところ、
「、」…文の中で、言葉の切れ続きを明らかにしないと、誤解される恐れのあるところに用いる。
「・」…名詞の並列の場合に用いる。ただし、名詞以外の語句を列挙するとき、数詞を列挙する場合は「・」を用いない。
だそうです。

「鳥が三、四羽飛んでいく」や「会員は四、五十人です」のような場合は、中点ではなく読点で区切るとのこと。
理解はできるのですが、いざ文章を目の前にするとややこしく感じるんですよね~。

「誰もそんなところまで見てねぇよ!」なんて声も聞こえそうですが、そういったところまで注意を払うのが編集部の仕事なんです。
私たちが確認しないで誰がやるんだ(# ゚Д゚)という話です。
校閲ガールの石原さとみさんのような熱烈な読者の方がいたら。。。ね!見てる人は見てるんです。



ただ、私たちも完璧ではないので、たま~にミスもしますのでご了承ください(笑)



几帳面な人が向いているのかな~、A型の人とか!
※ちなみに、ススッキーはA型ではありません。



こんな感じで、日々勉強です。
色々な知識が身につくのも、この仕事の魅力であり、やりがいです。

では、業務に戻ります(^.^)/~~~
チョコレートで糖分補給して頑張ろう。。。





**********************
FREE MAGAZINE RAN発行元
(株)ジョブサポートAD事業部
TEL 0143–41–3300 / FAX 0143–41-3301
▶︎ 胆振ポータルサイトRAN
▶︎ Facebook
▶︎ Instagram
**********************

Return Top