RAN編集部のブログ

FREE MAGAZINE RANの中の人が掲載店に行ってみた Vol.5~ラーメン特集編 その1

2020年12月26日

いつもご覧いただき、ありがとうございます。 胆振をもっと知るフリーペーパー、FREE MAGAZINE RAN編集部です! 今年も1年間ご愛読いただき、編集部一同感謝の気持ちでいっぱいです💕

年末年始はお蕎麦・お節料理・お雑煮など、和食が続くという方も多いのではないでしょうか?そんな日々の中、無性に食べたくなるのがラーメン。かく言う我が実家でも、1/3は家族でラーメンを食べに行く日と決まっておりました(うちだけかな?)。

今年の合併号の特集もラーメン!読者様にとっても待望の特集だったようで、アンケートに続々と嬉しいお言葉をいただいておりますよ😁

そこで、今回の記事では、ラーメン特集掲載店で食べたラーメンと、(お店にあれば)餃子・トッピングをご紹介いたします!

 

つるつる屋

登別にある、つるつる屋さん。ここに入ったらカレーラーメンを食べる!と、中の人もほぼ決まっています。自分の友人や家族もみんなカレーラーメンを食べています。他のラーメンももちろん美味しいのですが、中毒性があるのか(?)、カレーラーメンに戻ってきてしまうのです…

ちょっと太めのもちもち中太縮れ麺に、カレーのスープが良く絡む!スープはとろみがあり、スパイシーなのにフルーティーな甘さも感じる不思議。この仕事をする以前にカウンターでいただいていた際、大量のりんごを仕込んでいるのを目撃したことがあります。丁寧に一つ一つ処理されていて、カレーラーメン1杯への情熱を感じました…!

今回のラーメン特集でもカレーラーメンを取材させていただいております。詳細はコチラ👇

つるつる屋 | ラーメン特集2020▶2021

カレーラーメン 800円(税込) カレーベースの旨味と甘さが交互に押し寄せる、中毒性の高い一品。  麺 中太麺・縮れ  スープ カレー/げんこつ  こってり度 10・9・8・7・6・5・4・3・2・1

続きを見る

 

だるま亭 高砂店

だるま亭に行ったら味噌ホル!と決めていた中の人が、久しぶりに違うラーメンを注文しました。特集にも掲載されていたとんこつラーメンです。

とんこつラーメンにはきくらげと紅ショウガが鉄板のトッピング!なのですが、紅ショウガって苦手な方もいらっしゃいますよね。そんな方も安心の別添になっております。途中で味変で入れるのもアリですね!替え玉100円とのことでしたが、お腹がいっぱいになってしまったので替え玉はしませんでした…。

とんこつスープは臭みがなく、おいしいところだけを凝縮した味。「とんこつ系はニオイがちょっと…」という方も、チャレンジしていただきやすいお味と思いますよ。

だるま亭 高砂店の餃子

だるま亭 高砂店の餃子は宇都宮餃子です。パリッと感と、女性でも一口で食べやすい大きさのサイズが魅力的♪冷凍されたものも店頭にて販売されているので、我が家の置き餃子としてご購入されるのもいいですね。

また、スタミナジャンボ餃子もございますので、お腹いっぱいガツンとくる餃子が食べたい…!という方はこちらもオススメです。

宇都宮餃子6個 税込330円

今回のラーメン特集でもとんこつラーメンを取材させていただいております。詳細はコチラ👇

だるま亭 高砂店 | ラーメン特集2020▶2021

とんこつラーメン 600円(税込) 本場の博多麺を使用した、店主おすすめの一杯!お好みで紅ショウガをトッピングして。  麺 極細麺・ストレート  スープ 塩/げんこつ・宗田節  こってり度 10・9・ ...

続きを見る

 

よろず食堂 龍苑

よろず食堂 龍苑は中華料理店ということもあり、一品料理のみならず麺類も充実しています。ラーメンはファンも多く、リピーターになっている方も多数とのこと・・・。お店自慢のあんかけが乗った広東メンは、女性が特に注文されているそう。

お野菜はどれもシャキシャキ!魚介もプリプリ!醤油のスープと塩味のあんかけが、もちもちの特注中太縮れ麺によく絡みます。特にあんかけが美味しくて、確かにこれはハマるかもしれない…。お店の他のあんかけメニューも人気なのだそうですよ。

よろず食堂 龍苑の餃子

よろず食堂 龍苑の餃子は、皮も餡も完全手作りの自家製餃子。餡にはニンニク・ショウガ不使用なので、においの気になりやすいサラリーマンの方や女性にも安心です。食べやすい量なので、ラーメン以外にも、チャーメンやチャーハンなどのサイドメニューとしてもオススメです。

餃子5個 税別350円

今回のラーメン特集でも広東メンを取材させていただいております。詳細はコチラ👇

よろず食堂 龍苑 | ラーメン特集2020▶2021

広東メン 700円(税別) 野菜・魚介・豚肉が入ったバランスよいあんかけは塩味。食べ進めるたびに醤油味スープと混ざり、また違う味わいに。  麺 中太麺・縮れ  スープ 醤油/塩味あんかけ  こってり度 ...

続きを見る

 

二代目 十八番ラーメン

二代目 十八番ラーメンといえば、やはり鶏白湯!もともとは塩のみの提供だったそうですが、今年から味噌をはじめ、つい先日は新作として醤油も登場しました。

こちらが今年新登場し、既に大人気となっている味噌味の”濃厚鶏白湯みそ”。鶏白湯の濃厚な風味に、味噌のコクがプラスされた複雑な旨味を感じる新感覚な一杯です。

そして、こちらが新作の醤油味の”濃厚鶏白湯しょうゆ”。醤油のおかげで鶏白湯によりエッジが効いた感じです。スープとしていつまでも飲んでいたい味…。

鶏白湯スープは一口入れれば「コラーゲンたっぷり入ってますね!」と瞬時に感じるほどクリーミーで濃厚なんです。でも鶏なのでとてもすっきりとしていて飲みやすいスープですよ。肌ケアをがんばりたい女性にもオススメの一杯です。いずれも鶏チャーシューと豚バラチャーシューが1枚ずつ入ります。

二代目 十八番ラーメンのトッピング ”全部乗せトッピング”

誌面でも少し触れた”全部乗せトッピング 税込250円”。なんとチャーシュー3種類1枚ずつ+味玉1個分がプラスになっちゃうオトクなトッピング!

鶏チャーシューはとてもしっとり、スープが鶏系なので、お互いを引き立てる味わい。豚バラチャーシューは王道のチャーシューといった感じで、どんなスープにも合う柔らかさと口溶けが特徴的です。そして、注目は豚肩レアチャーシュー。しっとりさはさながら、一口ほおばると香ばしい燻製の香り…。すっきりとした鶏白湯にも合う、ちょっと珍しいチャーシューでしたよ。なお、味玉なしの”チャーシュー増し”は税込200円、味玉は1個100円とのこと。それなら断然、全部乗せトッピングがオトクですね!

二代目 十八番ラーメンの餃子

二代目十八番ラーメンの餃子は、皮から手作りしたジャンボ餃子です。自分のげんこつの横幅はありそうな大きな餃子が3個…。出されたときに思わず「でっか!」と声に漏れてしまいました💦

餃子セット 税込250円

ジャンボなのでとにかく食べた時の満足感がすごい!パリッとパンチの効いた餃子は、濃厚な鶏白湯スープと一緒にいただくと、さながら中華料理店で食事をいただいているような感覚に…。テイクアウトも可能で、人気の商品とのことですよ。

今回のラーメン特集でも濃厚鶏白湯みそを取材させていただいております。詳細はコチラ👇

二代目十八番ラーメン | ラーメン特集2020▶2021

濃厚鶏白湯みそ 800円(税込) 今年デビューするも、既にお店人気1番を争うメニューに。とろり濃厚な鶏白湯の旨味を味わって。 ※写真は”全部乗せトッピング(税込250円)”乗せです  麺 中太麺・縮れ ...

続きを見る

 

いかがでしたでしょうか?寒い冬のお気に入りの一杯を探す参考にしていただければ幸いです🤩

なお、本日よりFREE MAGAZINE RAN編集部は本日12/26~来年の1/4まで問い合わせ窓口業務を休業いたします。その間にいただいた内容につきましては、1/5以降順次対応させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます🙇

それでは皆様、よいお年をお過ごしください。

*********************
FREE MAGAZINE RAN発行元
(株)ジョブサポートAD事業部
北海道室蘭市東町2-6-7 H.yamaji Buill 2F
TEL 0143–41–3300 / FAX 0143–41-3301
*********************

RAN編集部のブログ

©2021 FREE MAGAZINE RAN公式サイト.